Home » 通信教育の使い方 » 通信教育を利用したファイナンシャルプランナー3級のデメリットを補うポイント

世の中にはいろいろな通信教育、勉強スタイルがあります。通信教育も使い方によってはかなり便利なものですが、デメリットがないわけではありません。どんなものにもデメリットは必ずと言って良いほどありますが、これを補うためのポイントを知っているかどうかで、ファイナンシャルプランナー3級の資格取得を左右すると言っても過言ではないでしょう。

通信教育の他にも、スクールに通うという方法もあるわけですが、両方のメリットデメリットを比較することが重要です。スクールに通うメリットは講師が直接指導してくれるという点があるわけですが、費用が高上がりになるというデメリットがあります。逆に通信教育は、費用が抑えられる半面、講師による直接的な授業ではなく、DVDやインターネットを使った公開授業などを利用することになります。どちらの方法も適している人と適していない人がいますから一概には言えませんが、ファイナンシャルプランナー3級の試験は、時間を割いてまでスクールに通わなくても合格できる範囲の問題が出題されるため、通信教育でも十分な知識が得られます。

そういった意味も踏まえ、通信での勉強を利用するに当たっては、公開模擬試験が受けられたり、一定の学習を終えたらテストなどが受けられる、講師の採点添削をしてもらうことができるシステムを導入しているものなら、自宅での学習もスクール並みの満足度を得ることができる可能性は十分にあるでしょう。

ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
>>詳細はこちら<<
【No.2】四谷学院
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。 詳しい資料ももらえます。
>>詳細はこちら<<
【No.3】クレアール
教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
>>詳細はこちら<<