Home » 通信教育の特徴比較 » 大原のファイナンシャルプランナーの通信教育の特徴

資格の大原と言われているくらい、資格試験の通信教育に精通しているのがあの有名な大原です。ファイナンシャルプランナーの資格を取得するために、オリジナルのテキストを作成していますので、教材自体がとてもわかりやすくなっています。また、2色塗りされていますので、見やすいというのも特徴の一つとして挙げられるでしょう。そして、本試験を受けると同じくらいの問題が出題されるなど、かなり奥深くに入り込んだ内容の通信教育となっているため、高い合格率を誇っています。

大原では、勉強を進めていく上で必ず出てくるであろう質問なども電話を始めfaxなどでも利用することができますし、通信教育に限ってはメールでの質疑もできますので、わからない分野をわからないままにせず進めていくことができます。ファイナンシャルプランナーの通信講座を受講しながら、インターネットを利用すれば自宅にいながらweb通信の映像を見て学習をしていくことができます。これはオプションとなるため有料ではあるものの、知識のある講師陣によりフォローしてもらうことができるため、全く知識がないという方でも無理なく学習していくことができるのも特徴でしょう。

とにかく合格するまでにはどういったことが大切なのか、どのようなポイントに気をつけて学習を進めていけばいいのかを追求した上で作られたオリジナル教材は、バランスよく作られていることもあり、初めて通信教育を受けられるという方でも理解を深め楽しみながら学習を進めていくことができます。

ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
>>詳細はこちら<<
【No.2】四谷学院
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。 詳しい資料ももらえます。
>>詳細はこちら<<
【No.3】クレアール
教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
>>詳細はこちら<<