Home » FP試験概要 » ファイナンシャル・プランニング技能士の実技って?

実技試験は文字通り、ファイナンシャルプランナーとしての実践的な知識が求められる試験です。
実務経験の無い人にとってはちょっと厳しい試験なのかな? 
と思われがちですが、参考書で勉強したり過去問を解いたり、普通の勉強方法で合格する事は可能です。何故かと言うと、実務的な知識が必要になるとは言っても、試験方法は学科と同じくペンで紙に正当を書く作業に変わりはないからです。
本当に普通の筆記試験ですし、実務経験が無くともしっかり勉強していれば学科と変わらない気持ちで試験に挑めるでしょう。

学科と違う所があるとすれば「理解力」です。
少し感覚的な話になってしまいますが、学科が知識をぶつけていく感じなら、実技は問題に対し計算したり正しい判断を導いたりする理解力が特に必要となります。
過去問などを暗記しただけでは意味がなく、一つ一つの問題や例文の意味をどれだけ理解出来るかで合格、不合格が決まります。特に2級以上になると本格的な問題が沢山出題されますので、よりファイナンシャルプランナーとしての知性が求められる事でしょう。

どの級を受けるにしても、ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を受ける人達は、大半が実務経験の無い人達です。変に意識する事なく普通に勉強するだけで十分でしょう。
求められる問題の内容は当然学科と違いますが、それは勉強方法が違うというだけの話。
しっかり過去問をやり込み、長い時間をかけて正しいやり方で勉強していれば実務経験が無くても大丈夫。実技だからと言って心配する必要はありません。

ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
>>詳細はこちら<<
【No.2】四谷学院
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。 詳しい資料ももらえます。
>>詳細はこちら<<
【No.3】クレアール
教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
>>詳細はこちら<<