Home » ファイナンシャルプランナー3級を取得するための学習内容

ファイナンシャルプランナー3級を取得するための学習内容

ファイナンシャルプランナー3級を取得するためには、大きく分けて6つの分野を学習していくことになります。一つ目は、金融資産運用設計といって預貯金や株式、外資などニュースでよく取り上げられる内容だったり金融商品に関する税金の知識などについてを学ぶことで、どういったポイントを押さえ金融商品を選んでいけばいいのかを理解することができます。

また、ライフプランニングといって社会保険や年金、住宅ローンなど各種ローンについて知識を得られる分野、不動産に関する分野、所得税や法人税、住民税などのタックスプランニング、相続や贈与に関する分野、生命保険や傷害保険など各種保険商品についての分野について学習を進めていくことになります。
さらに、FP2級へとステップアップするなら、このようなサイトを参考にするのがオススメです。

イメージとして難し印象を受けますが、ファイナンシャルプランナー3級であれば常識的な範囲の出題が比較的多いと言われているため、深く入り込んだ学習をする必要はないとされています。ですので、通信教育を利用することで3級なら十分に合格できる知識を得られるのです。生活をしていく上で、税金の知識というのはニュースなどでも取り上げられることも多いものです。知識がない分野の学習を進めていく上でも通信教育なら、全く知識がない方でもわかりやすく解説されているため、学習もスムーズに進めていくことができます。通信教育は、これらすべてを網羅し、過去問や法改正などを含めポイントを絞って学習できる内容となっていますので、時間がない、忙しい方でも学習が可能です。
どうしても独学で頑張りたいなら、まずはこちらのサイトを確認するのがいいでしょう。


>>次のページ:まずは通信教育の効果的な使い方から

ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。 無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
>>詳細はこちら<<
【No.2】四谷学院
予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。 詳しい資料ももらえます。
>>詳細はこちら<<
【No.3】クレアール
教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
>>詳細はこちら<<